【アウトドアレシピ】メスティンでパン作りに挑戦します!

キャンプ初心者

「そもそもパンってどうやって作るんだ??」

パンを作りたいと思った時に真っ先に思いました。(笑)しかもオーブンじゃなくてメスティンでチャレンジ。

結論から申し上げますと、今回は失敗しています!!

自身満々に言うなよって。(笑)ですので私の失敗例をかてに、皆さんがチャレンジする際の参考になればと思い、正直に書いていきます!

もちろんいつも正直に書いていますよ。(笑)

そもそもメスティンとは?

TRANGIA(トランギア社)が発売した取っ手が取り外し可能な飯盒(はんごう)のことです。

見た目はただの四角い弁当箱です。(笑)ただ見た目とは裏腹にものすごい機能性を秘めています。

  • アルミ製で熱伝導率が良く均一に熱が伝わる
  • 炊く、焼く、蒸す、煮る、燻す、が可能
  • 収納箱として使用できる

ざっと洗い出してもこれだけの魅力があります。まさに万能調理器具ですね。

今回はそんなメスティンを使って、パンを作っていこうと思います。

メスティンには、大きさが2種類あって通常サイズとラージサイズがあり、今回はラージサイズを使用しています。

メスティンパン作りステップ

材料を用意する

まずは使用する材料を用意していきます。(ラージメスティン1つ分)

  • 強力粉 170g
  • バター 25g
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 卵 1個
  • 牛乳 100ml
  • ドライイースト 小さじ1

もし通常サイズのメスティンを使用する場合は、「×0.55」をしてください。

  • 【参考】トランギア製 メスティン容量
    • 通常サイズ 750ml
    • ラージサイズ 1350ml

「卵」、「牛乳」以外の材料を混ぜ合わせる

ボウルに卵と牛乳を除いた材料を入れ混ぜ合わせます。

「卵」、「牛乳」を混ぜ合わせる

この時注意したいのは、一気に牛乳を入れない事です!

私は一気に入れてしまい、生地が全く固まらず一度失敗しました。少しずつ入れながら生地の固まり具合をみて投入していきましょう。

あまりにも柔らかくなり過ぎたときは、強力粉を少しづつ足しながら様子をみましょう。

こねる

いよいよパン作りらしい工程にきましたね。ジャ〇おじさん顔負けのこねり具合を見せつける時です。余談すみません。(笑)

まずまな板に打ち粉(強力粉)を適量降っておきます。

生地を置き、伸ばして折りたたむ。これを約200回繰り返します。なかなか大変ですが、おいしいパンを作るために頑張りましょう!

このくらいになればオッケーです。

バターを加えて再びこねる

あらかじめバターは小分けにしておきます。

小分けにしたバターを1個づつ入れていき、さらに約100回こねます。こね方は先ほどの伸ばして折りたたむやり方で大丈夫です。

生地を伸ばして薄い膜のように伸びたらオーケーです。

1次発酵

生地を丸めて、ボウルにいれてラップをかけます。

30℃の環境で約50分放置です。夏はそのまま常温で放置で大丈夫ですが、冬の場合はオーブンの発酵モードやお湯で湯煎すると良いですよ。

50分置いた後の生地です。こんなに膨らむのかってくらい膨らみます。パン作り経験ゼロだからですが。(笑)

分割・ベンチタイム(ねかし)

1次発酵後の生地を取り出し、表面を叩いて内部のガスを逃がしてやります。少し強めに叩いても大丈夫なので、気持ちを込めて叩きましょう。

ガス抜きが完了したら、生地を8等分にします。分けた生地は、表面の凹凸がなだらかになるように丸めます。

この状態で10分寝かせます。生地の上に固く絞った布巾を置いて置くと乾燥防止できます。

2次発酵

メスティンにクッキングシートを敷き詰めていきます。生地が直接メスティンに触れると、くっついてしまう為まんべんなく敷いておきましょう。

メスティンに先ほど8等分した生地を入れていきます。その状態で30℃で30分寝かせます。

2倍くらいに膨らんだらオーケーです。

焼く

焼く際に蓋を被せるので、蓋側にもクッキングシートを敷いておきます。

焼く際の注意点として、メスティンは火力が強いと非常に焦げ付きやすいです。私も焦がしてしまいました。

ですので弱火且つ、1つの面で1分半が目安です。それでは焼いていきます。

今回は家庭用ガスコンロを使っています。バーナー等で実施する場合は、バーナーパットを使用して、なるべく熱が均一に広がるようにしましょう。でないとすぐに焦げ付きます。

弱火でじっくり焼いていきます。少しでも焦げた匂いがしたら、焼く面を変えます。1面の目安は1分半です。

メスティンごとひっくり返して焼きます。ひっくり返す際に蓋が落っこちて大惨事にならないように注意してください。後、かなり熱いので鍋つかみ必須です。

続いて横も焼いていきます。反対側も焼いたら焼き工程完了です!

メスティンパンの完成

写真で見てわかる通り焦げています。(笑)ほんと難しいです。でも難しい程次リベンジしがいがありますよね。

味に関しては普通でした。ただ少ししょっぱ過ぎたかな?っていう感じです。バターが多すぎたかもしれません。

でも、ジャムとハチミツを塗って食べると、丁度いい味になっておいしかったです。

今回の反省点

  • バターの分量
  • 焼き加減

次回作る際は、反省を生かしてリベンジします!また他のメスティンレシピにもチャレンジしていこうと思います。キャンプでパンを作る際は、あらかじめ生地を練っておいてそれを冷凍して持っていくと、手間が省けますね!

それでは良きキャンプライフを!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました