【保冷力抜群】スタンレー(STANLEY)ウォータージャグは噂通りの高性能だった!

キャンプ日記

どうもこんにちは! ばやしです!

最近やっとウォータージャグに買い替えた私。ちなみに買ったジャグはコチラ。

元々オリーブオイルを入れるものとして使われているものなのですが、見た目に一目ぼれして購入しました!

ただ一つだけ欠点が…。

保冷力が微塵も無い!(笑)夏場に氷のストッカーとして活用したりすることは皆無です。

そこで友人の私物である、保冷力が優秀と噂のスタンレー(STANLEY)のウォータージャグをちょっと拝借しまして、その性能を比較していきたいと思います!

ちなみにマルキジオのオイルドラムについては、コチラの記事でレビューしていますので良かったら参考にしてみてください。

STANLEY(スタンレー)ウォータージャグとは?

真空ボトルで有名なSTANLEY(スタンレー)が販売している、ウォータージャグです。

サイズ展開は、3.5Lと7.5L。カラーは、グリーンとホワイトの2種類です。

今回拝借したのは、7.5Lのグリーンになります。

STANLEY ウォータージャグ 7.5L

製品スペック

サイズ幅29.7✕高さ34.3✕29.7cm
重量1600g
容量7.5L
材質本体外側/ポリプロピレン、本体内側/ポリプロピレン、蓋/ポリプロピレン、注ぎ口/ポリプロピレン・ナイロン・ステンレス鋼、パッキン/シリコーン

友人から拝借したジャグは、蛇口部分をコック式に交換している為最初からこの状態ではありませんのでご注意ください。

こちらの蛇口を取り付けているそうですので、ご参考ください。

メリット・デメリット

メリット

  • 密閉性が高い
  • 保冷力・保温性が高い
  • 見た目がかっこいい

デメリット

  • 大きさの割に容量が少ない
  • 蛇口がコック式ではない

実際に使用してみて感じたメリット・デメリットになります。

それでは順番に解説していきます!

メリット① 密閉性が高い

蓋部分は、パッキンが取り付けられていて、そのままギュッと押し込む感じで蓋を閉めます。後は4つの爪を締めればガッチリ蓋がホールドされます。

爪を締める時はそこまで固い印象は無く、簡単に閉めることが出来ました。

中に水が入っている状態で逆さにしても、漏れることはありませんでした。

メリット② 保冷力・保温性が高い

中はこんな感じです。それにしても厚みが凄いですね。(笑)実際に測ってみると、約2㎝はありました。これが保冷力、保温性のカラクリですね!

しかしその分、大きさの割に重量が増して(1600g)容量が減ってしまう(7.5Ⅼ)のが難点です。

デメリット① 蛇口がコック式でない

蛇口は、このようなコック式にカスタムしています。こうすることで、手で押さえていなくても、水を出し続けることが可能になります。

純正のままだと、片手がふさがってしまうので手を洗う時が不便なんですよね。

ちなみに純正の蛇口はこんな感じです。

デメリット② 大きさの割に容量が少ない

大きさを比較すべく、マルキジオのオイルドラム5Ⅼと並べてみました。容量が2.5Lしか差が無いのに、これだけ大きさが違います。(笑)

それだけ断熱材の厚みが大きいかが分かりますね。(笑)

マルキジオ オイルドラムスタンレー ウォータージャグ
サイズ幅20.5×高さ25.5×26cm幅29.7✕高さ34.3✕29.7cm
容量5ℓ7.5ℓ
重量1200g1600g

実際に保冷力を検証

いくら断熱材が分厚いからって、保冷力はちゃんと確かめないとわからないよ…

という疑問が皆さんの中で出てきていると勝手に想像。(笑)実際に氷をぶち込んで、どれくらい持つのかを検証していきたいと思います!

検証する条件・環境は以下になります。

  • 投入する氷の量(500g)
  • 室内(約25℃)
  • 全ての氷が解け切ったら検証終了

比較の為、マルキジオのオイルドラム5Lも同じ条件で検証してみます。

氷500gの量はこんな感じです。それでは検証開始です!

1時間後

左:スタンレー 右:マルキジオ

さすがはスタンレーです。1時間経過しているのに、ほぼ変化無し。まったく溶けてないですね!

対するマルキジオは、もう半分程溶けてしまっています。(笑)

2時間後

左:スタンレー 右:マルキジオ

スタンレーはいまだにほとんど変化はありません。よく見るとほんの少し溶け始めている程度です。蓋を開けた瞬間の冷気が冷凍庫並みですね。(笑)

マルキジオはもう8割は溶け切っています。

外側は、結露でびちゃびちゃですね。床がかなり濡れてしまいました。(笑)対するスタンレーは、まったく結露が発生していません。

3時間後

左:スタンレー 右:マルキジオ

スタンレーはまだ氷の形をしっかりと保っています。すこし底が見えてきました。

マルキジオはもうほんの少しの氷のみ。この辺が限界でしょうか。

4時間後

左:スタンレー 右:マルキジオ

スタンレーの氷だいぶ溶け始めてきました。1時間に1回の開け閉めの影響で、冷気が逃げてしまっているようです。

マルキジオの氷は完全に溶けてなくなりました。これにて脱落です。(笑)

11時間後

いきなり時間が飛びましたが、スタンレーは結局11時間氷を持たせることができました!

マルキジオと比較しても、7時間も違うとは驚きです。投入する氷の量をもっと増やして、開け閉めを最小限に抑えれば、もっと長持ちできそうですね!

夏場の氷ストッカーとしても、活用できること間違いなしです!

まとめ

スタンレーのウォータージャグを実際につかってみて、一番いいなと感じたことはやっぱり保冷力ですね!

マルキジオのオイルドラムを購入したばかりなのに、すごく欲しくなりました。(笑)

スタンレーのウォータージャグは以下の方へオススメしたいです。

  • タフで無骨なデザインが好み
  • 冷たい飲み物や氷ストッカーとして活用したい

熱湯はさすがにNGですが、あったかいお茶程度であれば問題無いので、保温性にも期待したいです。まさにオールシーズン活用できる万能ジャグですね!

ぜひ一度みなさんもご検討されてみてはいかがでしょうか!

それでは良きキャンプライフを!!

コメント

  1. […] 【保冷力抜群】スタンレー(STANLEY)ウォータージャグは噂通りの高性能だ… […]

タイトルとURLをコピーしました