ばやしのキャンプ日記。初キャンプの思い出から伝えたいこと

キャンプ初心者

初キャンプから感じたことをお伝えします!

これからキャンプへ行かれる方へ。

何事も初めての時って、すごく印象に残っていませんか? 

私の初キャンプ思い出から、まず伝えたいことは以下の通りです。

  • 設営が死ぬほど楽しい
  • 焚き火ってこんなにも美しいのか
  • テントで寝るワクワクがとまらない

思い出しただけで鼻血噴き出してサンジになりそうなんですが、順番に解説していきます。

設営が死ぬほど楽しい

これ聞いて、みなさん疑問に思いますよね。(笑)

だって大抵の事って、準備めんどくさいじゃないですか。特に仕事行く前の朝とか、わざわざ早く起きて身支度する人ってなかなかいないですよね。

でもキャンプは違うんです。

特に初キャンプなら尚更です。気持ちは早く買ったキャンプ道具を使いたくてウズウズ。もう遠足に行く前日に寝れないこどもと同じ気持ちですもん。

  • どこにテントを張ろうか
  • どういう向きにしようか
  • 道具をどこに置こうか

もう気づいたらこんなこと考えながら設営していましたね。

キャンプに行く度に、道具のレイアウトを変えたりとか、変化が楽しめるわけですよ。撤収するころには、次はこうやって置いてみようとか、アイデアが出てくるわけです。

ちなみに、私の初キャンプの時のサイトはこんな感じでした。

今見ると、道具少なすぎてスカスカですね。(笑) 

焚き火ってこんなにも美しいのか

初キャンプ時の写真ではないですが、お気に入りの焚き火写真です。

初キャンプは7月だったので、それほど寒いわけではなかったのですが、焚き火をしてよかったと思っています。

だって見てるだけで、どこか安らぎを感じるんですよね。

仕事で疲れていた自分にとっては、まさに「無」になれる時間。

「でも火って起こすの大変じゃないの?」って方いると思います。

確かに、火は自分の思うほど着いてはくれません。けど今は、着火剤とかガスバーナーなんて便利なものがいくつもあります。薪さえ入手できれば、初心者でも簡単に火を起こせます。

もちろん苦労して起こした火のほうが、愛着湧きますけどね。(笑)

ですので、キャンプに行かれる際はぜひ焚き火をしてみてください!

テントで寝るワクワクが止まらない

いつもと違うところで寝るのってテンション上がりません?(笑)

旅行先のホテルのベッドだって、どこかワクワク感を感じさせますよね。

私は小学生以来のテント泊でしたので、もうワクワクで目ギラギラでしたもん。(笑)結局寝れたのは、夜中の2時くらいでしたから。(笑)

後、テント泊の醍醐味って自然の音がモロに聞こえてくるんですよね。木が風でなびく音だったり、虫や動物の鳴き声、テントに落ちる木の実の音とか。

リアルな自然の音が、逆に落ち着きを与えてくれるんじゃないかって思っています。

大自然の中で自分ひとりがいるような感覚が最高なんですよね。

私の主観ばかりで根拠はまったくないんですけどね。(笑)

まとめ

最後にもう一度伝えたいことをまとめます。

  • 設営も楽しみのひとつ
  • 焚き火で癒されましょう
  • テントで寝るワクワクを体感してください

みなさんの初キャンプが少しでも楽しい思い出になったらいいと思っています!

そんなこんなで、キャンプにどっぷりハマった私なんですけど、これからも新しいキャンプの楽しみ方を追求してみなさんにどんどんアウトプットしていきます!

それでは良きキャンプライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました