【雨キャンプ必需品】ダイソーの折りたたみスコップをつかってみた!

ダイソースコップ キャンプ日記

キャンプでは良く雨に打たれる私。今まで、ちゃんとした雨対策用品を持ち合わせていなかったので、ちょっくらスコップを探しに。

ダイソーの園芸コーナーにて、キャンプに使えそうな折りたたみ式スコップが売っていたので、300円商品でしたが購入してみました。

結論

300円という価格を踏まえて、これはオススメです!

正直園芸向きではないですが、キャンプでの雨対策程度なら問題なく使えるレベルです。

開封していきます!

パッケージはこんな感じです。アウトドアチックな外観してます。

開封して取り出すと、いかにもアウトドア感満載のカモ柄ケースが。

収納サイズは【縦17㎝×横9.5㎝】でバックのサイドポケットに収まるサイズ。

さすが100均というだけあって、ほつれがありました。まあこれは許容範囲。

ちょっとケースが小さめなのか、取り出す時はキツめでした。

中身はこんな感じで、柄と本体が分かれて収納されていました。

柄はネジ式で本体と接合できます。

本体の可動部のところのつまみを回して固定します。

スコップとして使用する際はこんな感じで、先端の可動部を伸ばします。

サイズは【縦41.5㎝×横9.5㎝】

スコップの左のギザギザはノコギリみたいです。(箱に記載)一体何を切れるのか。(笑)

右のくぼみは栓抜きとしてついています。アツアツの鍋を引っかけて使うこともできそうです。

ツルハシとして使用時はこんな感じです。先端を柄に対して垂直の状態でつまみを回して固定します。

実際に使ってみた感想

スコップモード

こんな感じで、テント周りに雨の通り道を作ってみました。可動部の強度が心配でしたが、つまみ固定部には厚めのワッシャーが入っており、思いのほかガッチリと固定できました。

固い地面もなんなく掘れそうです。焚き火後の灰を捨てる際にも使えそう。

ツルハシモード

実際に試してはいませんが、スコップ同様にガッチリ固定されていたので、固い地面をほぐしたり、木の根っこをちぎったりするのであれば、問題なさそうです。

林の中等、木の根っこだらけで掘りにくい環境では重宝しそうです。

デメリット

スコップの深さが無いので、一度に多くの土を運べないです。ガーデニングでの植え替えの際は、もっと深めのスコップのほうが良いですね。

モード切替が面倒です。つまみを結構まわして緩めなければ回転できないため、すぐに切り替えたい時には不便な印象を受けました。

まとめ

メリット・デメリットをまとめると

メリット

  • アウトドア向きな収納袋付き
  • 折りたたみ式でコンパクト
  • スコップとツルハシの2WAY仕様

デメリット

  • 一度に運べる土の量が少ない
  • モード切替が面倒

300円のクオリティとは思えないスペックでした!最悪壊れても、諦められる値段ですので、みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

それでは良きキャンプライフを!

コメント

  1. […] 出典【雨キャンプ必需品】ダイソーの折りたたみ式スコップをつかってみた! … […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました